05
8
9
11
12
15
16
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トコちゃんの白内障について思うこと

もともと、トコちゃんを迎えた時からトコちゃんの両眼の中心に白い点がありました。

それが、今年の春頃から左眼だけ急に白さが広くなり、5月に市内の白内障に強い動物病院を受診しました。
結果、4ステージのうちの「3」という診断。

「初期白内障」
「未成熟白内障」
「成熟白内障」
「過熟白内障」

の「成熟白内障」でした。

手術を希望されますか?

と、聞かれたけど、もうシニアで余生が長くはないトコちゃん。

手術は、術後のケアもかなり大変らしいです。(点眼だらけ)

なので、手術は希望していませんでした。

その後も、目は白いものの、本当に見えていないのか?ということがトコちゃんの行動からは分かり難く。

先月、11月から

「ぶつかる」
「点眼を拒否するスピードが遅くなる」

この2点から、左眼は恐らく「過熟白内障」 まで進んだものと思われます。

春から1年も経たないうちにこんなに進行して、右眼はまだ見えているから良いものの、「未成熟白内障」と診断されているので、進行し始めたらあっという間に「過熟白内障」 になるでしょう。

トコちゃんがヨボヨボになって、歩くのもままならない状態になってからの完全失明なら手術は希望しないけれど、まだまだ元気に歩けているのに完全失明したら、トコちゃん自身、ストレスが溜まるのではないのだろうか?
それとも犬はもともと視力が弱いから、見えなくてもさほど気にならないというけれど、そうなのだろうか?
元気なうちに失明してしまったら手術をしてあげた方が良いのだろうか?

と、考えてしまう。

今の段階では、手術をするつもりはないので、今後のトコちゃんの白内障の進行具合と、進行した時のトコちゃんの精神的負担を見てから考えよう。

どうか、トコちゃんが元気で過ごせるうちは、少しでも見えていますようにと願って

1612041.jpg

いつも舌を出して寝るからお布団がカピカピになるよ
スポンサーサイト

トコ、白内障の経過

161113 (29)

左眼の白内障が進行しています。

5月から進行のスピードを遅くする点眼はしていますが、トコちゃん、点眼は最強に嫌がる

最強に嫌がって必死に抵抗するだけで、唸ったり噛みついたりは一切無いだけ有難いけれど、嫌がって顔を動かすので、正直きちんと点せているのかは分からない
たまに口の中に入ってるんじゃないかと思う時も

本来なら1日2~4回の点眼が望ましいのだけど、あの嫌がりっぷりでは1回が限度
マイペースで脱力感満載のトコちゃんが、点眼の時だけ動きが速くて力ずくで拒否

ということで、治療になっているか分かりませんが・・・

トコちゃん、目が見えるうちにねえママのお顔、覚えておいてね

161114 (4)

タロちゃんのお下がりベッドももう5年使ってるね

111117 (2)

5年前のタロちゃんへのクリスマスプレゼント

トコ、白内障の点眼薬

GW明けにお腹を壊してなかなか治らなかった時に。

トコちゃんの大嫌いな点眼を2種、1日2回するのは酷な気がして、一旦点眼を中止しようと思ったのだけど。

やり方とやるタイミングを変えることで、何とか夜だけ毎日頑張っていました。

160618 (4)

点眼はねえママの夕食時にやっているので、トコちゃんにはいつも茹でカボチャ、ブルーベリー、林檎が用意されています。

点したと同時にトコちゃん顔動かすから、ちゃんと目に入っているのか確認できないんだけど

力ずくで動けないようにすれば点せるけれど、動かないように力で押さえつければ、それがまたトコちゃんに恐怖を与え、脱力系トコちゃんが必死に抵抗する力が伝わってくる。
だから、力技でやるのはトコちゃんにとっては良くないと思った。

ちゃんと点せているのか分からないけど~、やれているだけ合格ってことで

1日2回点眼だけど、1回だけでも毎日やっているだけマシってことで

そんな点眼薬も無くなって来たので、追加で購入しました。

白内障用の点眼薬は10本売り。
それと、合併症予防の点眼薬。

160618 (2)

両方で5,400円。


点眼薬って開封したら、「4~5週間以上は使わないでください」って書いてある。

1日1回点眼だと、減る量も少ないので非常にコスパが悪い
ケチって6週間位使ってるねえママ・・・。

点眼薬買いに行くだけだし。

と、思って平日の夜、仕事帰りに動物病院に買いに行ってきました。

いつもはトコちゃんと一緒だから・・・

病院入って何か思うことなんて無かったけれど、

動物とは無縁の会社帰りに、1人で初めて行って

「動物臭がする


と、思った


ねえママでさえそう思ったんだから、動物と暮らしていない人はもっと敏感なんだろうな~って思った日でした。

160618 (1)

ラグとラグの隙間のフローリングで上手い事寝るトコちゃん

160618 (3)

最近はほぼベランダ側のフローリングで寝ています。
マットやベッドは使っていないな~。せっかく涼感マット買ったのに

ねえママは今までベランダ側に足を向けて寝ていましたが、トコちゃんがベランダ側で寝るので、向きを変えて頭をベランダ側にして寝る事にしました


トコ、白内障の検査

トコちゃん、今日は白内障の検査で船橋市芝山にある眼科(白内障)に力を入れている病院へ行って来ました。

ネットで予約ができたのでそうしたのですが、空いている日はごく僅か。
院長先生指名においては2週間先まで埋まっていました。
連休中に診て頂きたかったので、院長指名は諦めた

でも今朝行ったらめちゃめちゃ混んでるー
犬の白内障、股関節形成不全、前十字靱帯断裂、骨折などに力を入れてらっしゃる病院なので、評判がよろしいようです。
待合室も常に満員

160505 (1)

初めての病院だから、分かっていなくてそれ程緊張感も無いトコちゃん。

検査は、かかりつけ医だとお預かり→お迎えと言われましたが、ここではもちろん検査は処置室にてお預けだけれど、散瞳(瞳孔を開く)待ちの間とかはねえママにトコちゃん戻してくれたり、1時間弱で済みました。
(混み合っていたのでお会計待ちは時間かかり、帰るまでに2時間でしたけど)
でも、ねえママ的にはお預けして夕方お迎えより全然良い。
病院苦手な子には、長い時間病院にいるだけでもストレスだもん

160505 (4)

眼圧測定、目の超音波エコー検査もしてもらいました。

160505 (3)

残念ながら左目は真っ白です

白内障の混濁程度は4段階に分類されますが、軽い方から

「初期白内障」
「未成熟白内障」
「成熟白内障」
「過熟白内障」

となり、
トコちゃんの左目は「成熟白内障」でした

右目は「未成熟白内障」です。

治療は進行を遅らせる、合併症を防ぐ点眼か、外科的手術のみです。
手術は、手術しても100%視力が回復する確証は無い、アフターケア(術後の数時間ごとの点眼)も大変、麻酔のリスク、術後の合併症のリスク、費用は片眼30万円ということもあり、若年性で発症した子は手術を希望されることもあるけれど、老齢で手術を希望する方は少ないそうです。
ねえママも、手術は希望しません。

ということで点眼薬を頂きました。

160505 (9)

トコちゃん点眼苦手だから1日2回2種はハードル高いぜよ
一緒に頑張ろうね
おやつだ、おやつだ

160505 (10)

病院で生まれたての子猫ちゃんを連れて来ている方が。

160505 (2)

うちにもペキニーズがいっぱいいるの~
って仰るからブリーダーさん
と思ったら、何とバディくんのお知り合いの船橋でペキブリーダーをやっていらっしゃる方で、そういえば、昨年末のビッグサイトのドッグショーでお会いしたわと、ねえママも思い出した
子猫ちゃんはブリーダーさんの家のお庭に野良猫ちゃんが置いて行った子のようです。
すんごいちっちゃくてかわいいの


160505 (5)

こちらは全く別の居合わせた患者さんで、山口のペキブリーダーさんから迎えられたそうで、病院の待ち時間の間ペキブリーダー話で盛り上がりました

ブリーダーさんに、トコちゃん頭の形も良いし、体重4.8kgもベストだって言ってもらいました
トコちゃんのペチャパイについては、1回程度の出産だったり母性が無いと出産していてもペチャパイの子はいるし、出産していない可能性もあるし・・・・って。

お顔は多分広めのブラックマスクが白くなった跡じゃなかって。

へ~。
へ~。
真にペキニーズを愛して研究して、沢山のペキニーズと過ごしている方はやっぱり違うね

「おいで」と呼んでも来ないところがペキニーズだよね~なんて話をしたり。
2時間病院に居て、白内障も進んでいてガッカリの結果だったのに、待ち時間に思いがけぬ出会いがあり、なかなか楽しんだ病院の時間でした。

あ、先生は勤務医の先生でしたがとても丁寧に説明して下さり、何より検査の為のお預けをしなくて良かったことがねえママの好印象でした。
ただ、家から距離もあるし、かかりつけ医と2つの病院を通院するのは、時間的にもトコちゃんのストレス的にもできれば避けたいので今後の点眼薬の購入は取扱いがあるならかかりつけ医でしたいな~と思っています。

お昼の時間になってしまったので、東船橋のアルマドカフェに寄ったらテラス席満席

仕方ないので通りすがりのパン屋さんでパンを買って公園でランチ&トコちゃんおやつタイム、したけど虫が多くてサッサと退散

帰宅して、トコちゃんお留守番で新幹線の切符を発券に駅まで行って、戻ってからトコちゃんご飯の仕込み

冷凍ストック用のトコちゃんご飯は、今日は

カボチャ
叔父が作ったスナップエンドウ
ナス
ごぼう
昆布
煮干し
ブロッコリー

で、5日分を煮て、煮汁を鶏軟骨コラーゲンスープと混ぜ合わせて

160505 (6)

見た目悪いけど
名付けて
栄養満点スープ
の出来上がり

お水を飲まないトコちゃんなので、最近はスープやヤギミルクで水分摂ってもらっています。

160505 (7)

だしも効いているので、美味しそうに飲む

160505 (8)

飲み干しました

久しぶりの点眼生活、今夜の点眼は頑張ったトコちゃん
これからは点眼されることを覚えるだろうけど、おやつの為に頑張ってくれるといいな

続きを読む

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ