FC2ブログ
   
08
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トコ、術後3~5日目

トコちゃん、眼球摘出手術後、5日が経ちました。

術後、2日目に出ていた咳は、3日目から無くなりました

エリカラ生活も5日が経ち、退院して来た日は何ら問題無さそうと思ったけど・・・
回復傾向にあり、日常生活に戻る中で、段々、不自由やストレスを感じるようになってきたみたいです

・エリカラのスナップボタンのパチパチ音が怖い
・患部以外に・・・体中カキカキ、ペロペロするのがトコちゃんの毎日の儀式なのに、それができない
・クレートに入れない

などなど・・・

お散歩の時もエリカラ装着で行ってみましたが、エリカラがアスファルトに当たり、引きずる音にビビってしまい、全然散歩にならないので、お散歩時には外すことにしました。

180328 (1)

お散歩で会う人には・・・当然驚かれ
泣いて下さった方も・・・

まぁ仕方ないよね・・・

トコちゃんのお顔、今、すごく痛々しいし、お目目取るって衝撃だよね

でもね、先生に術後、

「これでこの子は楽になったでしょう」

って言われたし、きっとそうだって信じてるから、今はすごく痛々しいお顔だけれど、術前はいっぱい泣いたねえママも、術後は一回も泣いていないんだ。
皆さんのそういう反応にも慣れていかないといけないよね。


患部付近は、5日目の今日には赤味はほぼ消えて、腫れも引いている感じ
腫れが引いているから逆に縫合糸が目立つ
腫れが引いたのは良いけれど、顔剃りされているので、その毛が伸びないとやはりバランスが悪い・・・
落ち着いたところでトリミングに行って、左右のお顔の毛のバランスを整えてもらわないと、だわ

トコちゃん自身はエリカラのストレスがあるから、まだ100%元気という訳では無いけれど、そこそこ元気にしています

このタイミングで弟が上海から本帰国し、2週間強、我が家に滞在・・・
ただでさえストレス抱えているのに、追加のストレスです

弟には、うちに来てトコちゃんのお顔を見たらビックリすると思うので事前に連絡&写真を送っておきました。

トコちゃん、まだ術後療養中ですが早速

180328 (2)

弟を見張っています

180328 (3)

すげー見てるけど

180328 (4)

この距離は保つ


180328 (5)

20分後には、伏せて見張っていたわ

退院後の翌日、年度末で休み取れなくて
トコちゃんには寂しい思いをさせたけど、ようやく明日はタロトコ休・・・
トコトコ休かな
トコちゃんまだ療養中だから、お家で色々したいと思います。

術後の痛み止めが今日で終了になって、明日からは無いので、痛みが出ていないかも確認します。


トコ、退院!お家に帰ろう

トコちゃん、無事に生きて、元気にお家に帰って来ました

180325 (1)

トコ~
お帰り~
待ってたよ~。
とってもとっても良く頑張ったね

お顔は腫れあがっているので、ちょっと酷いですが・・・

手術したとは思えないほど

180325 (4)

帰宅したらご飯待ち

180325 (5)

ご飯も完食

ちなみに朝も病院に同じご飯持って行ったのに食べず、看護士さんに退院の時に聞いたら病院の缶詰を食べたそうです・・・

夕飯には、昼間、バディくんママのmaeさんが我が家付近まで来て下さり、トコちゃんに高級ササミをくださったので、早速そちらをトッピングしました。
maeさんありがとうございます

今後は、1週間後の抜糸に向けて、毎日1回クロロヘキシジン消毒液で患部の消毒+抗生剤のゲンタシン軟膏を塗り塗り。
内服薬は1日2回、抗生剤、ビオフェルミン、そして、咳が時々出るので気管支拡張剤。3日間は+痛み止め、胃薬。

咳は、タローちゃんも術後に出ていたので、短頭種の子は、やはり麻酔後は出易いのかな。

治まると良いけど・・・

術後の血液検査も何の問題も無くて、先生からは

「お母さんが思っているより、この子は強いかもしれません」

と、言われました

トコちゃん、頑張ってくれてありがとうね

抜糸までは、お目目の傷口が付くまでお目目の保護をしないとならないので、エリカラ着用が必須で。
数日前に我が家のプラスチックエリカラを付けてみたら、トコちゃんめっちゃ嫌がるので

180325 (6)

ソフトタイプのエリカラも急遽用意しておきました。
先生からは、手足が目に行かなければソフトタイプでも良い、と、言われたけれど。
入院生活の中ですっかりプラスチックのエリカラに慣れたようで

180325 (8)

ほぼ問題無く

180325 (9)

むしろ慣れたらこっちの方が良いみたいでした

180325 (10)

エリカラがあると、頭いっぱいナデナデしてあげられなくて、早く取れるといいな・・・。

ただ、トコちゃんビビリなので、装着時のボタンのパチパチ音にビビリ、付けるのは大変です

とても元気にしてくれていて、本当に安心しました。
後は、抜糸までの1週間、術後の経過がスムーズなことを祈ります。

気になる今回の手術費用は、術前検査から、麻酔代、手術費用、入院費、エリカラレンタル代、お薬代含めて

180325 (7)

でした。
術前に聞いていた金額と差異無し。

かわいいトコちゃんの為だもの。
トコちゃん迎えてから毎月貯蓄しているトコ貯金を崩そうかと思ったけれど、今回は使わず、現金一括払いしました。

トコちゃん、お帰り。
お家でゆっくり過ごそうね。

トコ、入院中

トコちゃんの面会に朝ご飯持って行って来ました。
今日、夜に退院なんですけどね・・・
昨夜からの間に異変があっても心配なので・・・

昨日とは打って変わってとても元気にしておりました

トコちゃんのお顔、腫れてるから・・・載せない様にしていたけれど、すごく元気だったのを報告したいので動画を載せます。

術後のお顔の様子を見るのが苦手な方は再生しないでください。

[広告] VPS


ご飯は、ササミ多めにして持って行って、すごく興味は示したけれど、兎に角ご飯どころではない、という感じにキュンキュン鳴いていました。

動画中の低いワンワンは別の子だけれど、高い声はトコちゃんです。

ママに気付いたのかは分からないけれど、ソワソワして帰りたい、帰りたい、という感じでした。

元気で安心しました。

短頭種の子は、全身麻酔の術後に咳が出る事があり、タローちゃんも13歳の時に足の腫瘍摘出手術を日帰りで行った翌日、咳が出ましたが、トコちゃんも今朝、出ていたそうです。

トコちゃん、夜にはトコちゃんのお家に一緒に帰ろう。

トコ、眼球摘出手術

突然ですが、トコちゃん、本日、左目の眼球摘出手術を行いました。

一昨日、3/22の朝、それまで目のしょぼつきが無かったのが、なんとなくしょぼしょぼし始めた・・・と、思ったのが始まり。
仕事から帰宅して、確認すると、やはり、安静時に目のしょぼつきが出ていました。
昨日、3/23、朝、それまで見られなかった目ヤニ、涙目が気になり、仕事から帰宅してビックリ。
何と言ったら良いか、目がもう、薄いというか炎症が、というか、兎に角一気に酷くなったというのが目に見えて分かりました。

それでも。

ご飯も食べ、普段通りのトコちゃんをトコちゃんは見せてくれて。
時折、目を痛そうにしょぼしょぼさせてはいたけど。

こんな目をしているのに、どうしてこんなにいつものトコちゃんなの?
本当はすごくすごく痛いのに、我慢してるの?

ってどんどん悲しくなってきた。

これまでの目の状態と比較しても、かなり悪い。
明日の再診は、もう、手術の話をしよう。
これ以上の点眼治療は何の意味も無い。
トコちゃんを苦しめるだけ。

ずっと手術の話には猛反対だった父も、先週の緑内障の痛みだろうと思われるトコちゃんの元気の無さを見て、やっと致し方なく?手術にも承諾してくれた。

今朝は4時に目が覚めてからずっと眠れず。

180324 (1)

一緒に寝てるトコちゃんに寄り添った。

180324 (2)

寝起きはもう、全然目が開きませんでした。
眼球摘出したら、こんなお顔になるんだろうな。

目が開かな過ぎて点眼をするのも一苦労でした。

今日、手術になる可能性を考えて、ご飯を欲しがったトコちゃんだけど、朝ご飯抜きで病院に急ぎ向かいました。
(全身麻酔の時は、絶食しないと胃の内容物による肺炎のリスクがある為)


180324 (3)

病院の待合室にて。
少し目が開きました。

普段、朝夜の室内でしかトコちゃんのお目目を確認できないのですが、違う時間、違う光の下で見ると、絶句です。
病院の待合室では「内出血」しているように見えました。

ここ最近ずっとトコちゃんのお目目の悪化で、ねえママも押し殺していたものがあったので、看護士さんや先生と今の状況を話しているうちに涙が止まらず。

「手術をお願いします」

術前の血液検査と今の目の状態を診て頂いた結果、やはり、角膜潰瘍が深くなっており、これまで「実質」までの傷だったのが、「デスメ層」まで行っておりました。
幸い、「穴」は開いておりませんでしたが、最初は今日の手術は無理です、と、言われましたが、先生のお休みの関係とこのまま次回の手術可能日まで日を開けると、「穴」が開く可能性があり、手術をするにあたって、できるだけきれいな眼球で手術をした方がより安全な手術ができるということで、今日の手術に入れてくださいました。

ねえママ的にも、本当は翌週末の手術の方が都合が良かったのですが、今のこのお目目の状態で1週間待っているのは厳しいと思っていたので、調整して下さって良かったです。

手術は、義眼を入れたフラップ手術も今の状態なら可能と言われましたが、その場合、角膜が残るので、また角膜炎を繰り返す可能性が高い。義眼は美観が良いだけ。
トコちゃんにとっては、摘出手術の方がこの先のデメリットが無い。
以前から手術するなら、トコちゃんへの利点を考えても点眼ともお別れになるし、この先の眼病を考えなくて済むので摘出手術がしか考えていませんでした。


手術に伴う説明
・眼球摘出は(犬に)痛みを伴うので、鎮静剤・鎮痛剤をしっかり使っていく
・眼球摘出はどこの病院でもできるが、当院では「シリコンボール」を入れる→通常、摘出手術を行うと眼球が無くなるので、瞼が凹むが、シリコンボールを入れる事でふっくらするので、見た目が良い
・夜間23時~8時までは不在になるが、麻酔の覚醒が悪い場合には、自宅が近くなので時々見に行く、とのこと→ここが心配だけど、先生も人間。24時間働いて、とは言えない・・・
・緑内障について、片眼発症するともう片眼の発症率が高いが、トコちゃんの場合、白内障による続発性の緑内障なので、右目は白内障が酷くならない限り、緑内障にはならない

10時半にトコちゃんとお別れしました。

お家に帰って、トコちゃんがいなくて寂しい・・・

とりあえず、トコちゃんが角膜潰瘍になってから手を付けたくて付けられなかったクリーニングと片付けと、トコちゃんのカートのお掃除を・・・

15時過ぎに病院から電話があり、

「手術無事に終わりました。麻酔も非常に安定して、すぐに覚醒して、非常に元気にしています」

とのこと。

面会に来ても良いとのことで、17時に面会に行って来ました。

ただ、トコちゃんの意識がどれだけあるか分からないけれど、ねえママも認識して「帰れる」と思ったら可哀想なので、トコちゃんに気付かれない程度に様子を見て来ました。

DSC_1028.jpg

鎮静剤と鎮痛剤を使っているので、ぼーっとはしていますが、ぐったりという感じでは無かったので少し安心しました。

左顔は術後ですごーく腫れていて、殴られた人みたいに・・・
トコちゃんの面子もあるので、隠させて頂きました。

お散歩に行くか分からないけれど、行って会ってもビックリしないでね。←するね。

先生は、

「麻酔が若い子と同じ位にすごーく安定していて、術中の体温も一定していた」

と、非常に感心しながら仰っていたよ。

お顔の腫れが引き始めるのは1週間後位。
抜糸は1週間後。
痛み止めは退院後、3日位続ける。

病院のご飯はきっと病院では食べないと思うので、明日の朝、ご飯を持ってまた面会に行きます。
夜の間、ちゃんと生きていたか確認したいし。
そして退院は明日の夜。

トコちゃん、トコちゃんのいない我が家はとっても寂しいよ。






トコ、元気にしています。

トコちゃん、先週、火~木曜日の3日間の元気の無さが嘘のように元気にしています。

180321 (1)

昨日の午前中は、お留守番で置いて行く茹でさつまいもも食べず、体の震えもあったようですが、午後からは復活してねえママが帰宅した時には、飛んでお出迎えに来てくれました。
今日も、飛んでお出迎え

緑内障の点眼薬によって眼圧が下がっているのかは、まだ検査していないので分かりません。
経験者の方の記事を拝見しても、結構、合う合わないがあるみたいで、数ある緑内障の点眼薬の中から、そのワンちゃんに効果が出るものを探されたりしているそうで。
だからトコちゃんも元気だけど、眼圧が下がっているかのは謎・・・。
充血は治まっていないし

そもそも緑内障の点眼始める前から、眼圧が高いにも関わらず、痛みが治まって来たのも謎・・・。

目の傷が全然治っていないのにも関わらず、目のしょぼしょぼが一切無くなったのも謎・・・。

180321 (3)

謎が多過ぎて、ちんぷんかんぷん

緑内障の痛みも、傷の痛みも、痛みの感覚が麻痺してもう分からないんじゃって思っちゃう

けど、こうやって元気なトコちゃんが続いて、良くなることは無くてもお目目が悪化することも無く過ごせるなら、このままでもいいのかな・・・とか、考えたり・・・点眼地獄だけを除いては
朝の点眼は5回したいので、平日は今までより10分早く起きないと厳しくなってきました

緑内障になったワンちゃんのブログとかも読ませて頂いていますが、緑内障を発症し易い犬種はアメコカ・柴犬そしてシーズーのようです。

そして、緑内障を発症すると、発症していない方の目の発症率は2年以内に50%だそうです

トコちゃんの従兄弟のぎーちゃんが、3coinsの帽子を被った写真を載せられていたので、ぎーやんファンのねえママは真似っ子して

180321 (2)

買ってみました
が、やっぱり、上手く被せてあげられず、ガチャガチャやっているうちに逆にお目目に当てそうで怖いので諦めました
もう帽子には懲りた

180321 (4)

ねえママの足にお尻を付けるトコちゃん

今日はトコちゃんのお出かけお弁当用に肉厚のブリを炊いたので、いつも沢山頑張っているトコちゃんにあげたら、とっても喜んで食べていました


プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ