FC2ブログ
   
06
1
3
6
9
11
13
14
16
17
20
23
27
28
30
   

今日はよく歩いた!

今日は涼しかったので、久し振りに船橋運動公園に行きました

マンションの周りは公園と呼べる公園が無く
(それでもワンコのお散歩している人は多い)
久し振りの公園で、タローちゃんウキウキ

110626.jpg

それとも涼しいから

110626 (2)

1時間以上、公園のエントランスから池周り、遊び広場周り、陸上競技場周りと歩いて歩きました

もちろん、それ以外に朝のお散歩、夕方のお散歩も行っていますのです

しかも、お昼2時頃に運動公園から帰宅してご飯を食べて、「さぁおねえたん、次のお散歩は」と言わんばかりにおねえたんのストーカーをしていました
こんな元気だと、「本当に肝臓は悪いのだろうか」と思います


その肝臓のお話。

昨日はおねえたんもタローも勇気を出して、病院に肝臓の検査に行って来ました
細胞診の間は待合室で待つんだろうなぁと思っていたら、診察室のその場でやることに。
エコーで肝臓を見ながら、「左はキレイなんだけど、右に点々(結節)がある」と。
確かに左と右を比べると、右の肝臓には点々が写っていました。

その頃タローさんは、カラーを付けて、仰向けにさせられ前足を男性看護士が、後ろ脚を女性看護士に押さえつけられ、恐怖に怯えきっていました。
内心、「先生、説明はもう良いですからとっとと針刺して、終わらせて下さい」という言葉が喉まで出かかった私です

お腹(肝臓)に針を刺したことは、タローにとって痛くなかったようです。
むしろ、抑えつけられていることの方がタローにとっては恐怖だったよう

あと、頭の天辺におできが出来て気になっていたので、ついでに先生に言ってみたらパッと見て「これはおできだから大丈夫
先生、あなたを信じるぞよ

そんなわけで今回の検査費は


21,000円

前回と合わせて

48,000円

あっという間に1万円札5枚消えていった・・・

まぁでも、今までの病院では何だかレントゲンとか超音波とか一度もやることにならなかったし、精密検査代として考えれば、かわいいタローさんの為、仕方がない
が、1週間後に出る肝臓の細胞診の結果で、良くない結果が出てしまったら、今後の治療代とかまたまた高いのだろうなぁ

マンションのワンコ飼いの住民さんにさっき、5万かかったお話をしたら「それ高いわよ」と、他の病院を勧められました

あ、先生に「昨日保険会社から電話あったんだけど~」
と言われました
肝臓のことは言わずに、急性大腸炎として保険会社に報告してくれたらしいが、「保険会社は病気があるって疑うもんだからね~」って。まぁ多分そうだろうね


今日着ているお洋服
ネットで買った298円のメッシュタンクに、裾にボンボンを縫い付けてみました
スポンサーサイト



プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ