FC2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
8
9
10
12
15
16
18
19
22
24
25
   

トコ、皮下点滴のこと

昨日、お昼前に病院で皮下点滴をしてもらって帰宅したトコちゃん。
今後は、週1で自宅皮下点滴で様子を見る事にしました。

ところが・・・

帰宅してご飯を食べて、お昼寝を始めると、
寝ようとして何度も体制を変えてなかなか眠れない様子が続き、夕方、ママがキッチンに立つといつもキッチン前でソワソワしているのだけど、全く起きて来ません。
ママが夕食を食べ始めても全く起きて来ません。

こんなこと、有り得ない

トコちゃん、ご飯だよーと声かけてお顔を見ると、目が座っている感じ。

ご飯のところまで連れて行くと食べ始めました。
シーシーもしました。

でも、それが終わると力尽きたように伏せて、だるそう、ぐったり、という感じです。

木曜日夜に自宅皮下点滴を行った翌朝もそうでした。

その日の血液検査で貧血値が低かったので、貧血

そんな感じでも無い、

まさか点滴

と思って「皮下点滴」「副作用」で検索すると

稀に体の変化に敏感な子は点滴を入れる事によって気持ち悪く感じたり、何度も寝返りを打ったりするこがあるが、点滴は約半日~1日かけて体に吸収されていくので暫くすると治まります

と、どこかの動物病院さんのブログで拝見して

「まさしくこれだ

と、思いました。

お昼寝もなかなかできず体制を頻繁に変えていたので。

見ているのが可哀想な程だるそうなトコちゃん。
腎臓を楽にさせてあげようと思ってしている点滴が、逆に辛くさせているなんて・・・

だけど、腎臓の為には点滴は必要だし。

今朝、起きた時にはそこそこ目力が復活していたので少し安心しました。
点滴後のだるさの峠を越えたのでしょう。

自分で起きてご飯待ちもしました。

シーシーももしてから午前中は

210221 (1)

横になって眠っていたので、これも安心しました。

トコちゃんの病院の先生と電話でお話しをしました。

点滴量が多いとだるさを感じる子はよく居るけれど、トコちゃんの量(60cc)は多くは無いのでそれは無い。
考えうる原因は、過剰なストレス。
点滴をされる行為と、体に水が入って来る精神的なストレス。

稀にそういう子はいて、そういう子は点滴をしないか、病状によっては点滴を続けるけれど、自宅ではなく病院でやってストレスは全て病院で済ませ、自宅はリラックスするところ、という形にしている、とのことでした。

点滴をしない場合の腎臓治療は、フードとサプリで腎臓数値が上がるならフードとサプリチェンジを行う。

それでもダメなら点滴しか無い、ということでした。

本当に難しい判断でどうしたら良いのか分からないのだけれど、とりあえずトコちゃんの体調が点滴前のトコちゃんにはまだ戻っていないので、一度、点滴を見送ることにしました。
1ヶ月以内に腎臓がどう出るか血液の再検査をすることに。

点滴という最終手段が使えなくなることで、腎機能の低下が進んだり、死期が早まってしまうのではないかとすごく不安で仕方がありません。

フードとサプリだけでケアしていけるのかも・・・
(実際、今回はフードとサプリだけではケア足らずでトコちゃんが悲鳴をあげて病院に行ったら数値が上がっていた)

210221 (6)

この子が辛くなく、苦しくなく過ごさせてあげたいのに、どちらを選択してもいずれ、苦しめる結果となってしまう。

210221 (9)

大好きなトコちゃん、ごめんね。
できるだけ、トコちゃんが辛くないように、するね。
ママはいつでもあなたのことが大好きです。


スポンサーサイト



プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ