08
1
2
7
8
9
16
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ねえママのタロちゃんへの想い

最愛の子を失くした方は、皆さん同じだと思います。
喪失感と、生前、どんなに我が子に尽くしても、愛しても、失ってしまえば後悔の念ばかりが押し寄せて来る。





タローちゃんが、「年を取ったな」と感じるようになったのは15歳を過ぎた頃からでした。
毛が薄くなりました。
耳が聞こえなくなりました。
夜泣きをするようになりました。
チッコを足を上げてしなくなりました。
冬の朝は、なかなか起きなくなりました。
便秘をするようになりました。
お家の中で、ワンワン吠えることが多くなりました。

夜泣きは、毎晩ではなく、季節限定ではありました。
(真夏と真冬は少なかった)

16歳を過ぎてからは、上記の他に
他のワンコにワンワン吠えることが以前より少なくなってきました。
狭いところに入るようになりました。
お家の中で、ワンワン吠えることが更に多くなりました。
ご飯をすんなり食べなくなりました。→10歳頃の時は6.7kgあった体重が5.7kg位まで落ちました。
散歩中、大好きな植え込みに入ることがなくなりました。

以前は、やっていたのにしなくなったな、と思っていたことは
家の椅子や全身鏡の下、脱衣所のタオルハンガーの下や、玄関の冷たい石の上で休むことが無くなったこと。

特に2014年に入ってから気になっていたことは
お口をクチャクチャさせて、時々舌が出っ放しになること。
よだれを垂らすことがあったこと。
ねえママが家事をしたり、タロちゃんから離れるとワンワン吠えて怒ること。
たまに視線の先がどこだか分からないような目をすること。
散歩終わりに、帰ろっか、と言うと、まぁまぁすんなり帰るようになったこと。
ねえママが仕事から帰ると、昔のような歓迎とは違ったけれど、
すぐには気付かなくなったけれど、それでも気付けばねえママの元に来てくれました。
旅立つ前日も。

冬の間は2時間でもそれ以上でも歩いて歩いて歩いたタロちゃんも、
春になって暖かくなってからは、日中、は暑くてあまり歩かなくなりました。

それでも、朝晩の涼しい時間では1~1時間半はよく歩いてくれました。

ここ一ヶ月の間では、

おねしょを1回したり
ウンティッティを洩らすことがありましたが、まだ頻度は少なかったのでおむつデビューする程ではありませんでした。

トリマーのお姉さんも、産休後、久しぶりにタローちゃんのトリミングをして、以前にも増して抵抗が強くなったと言われましたが、その後、ねえママも足バリカンをした時に今まで以上の抵抗を感じました。

ご飯は嫌々ながらも、結果的にはよく食べてくれたので、体重は6.2kgまで戻りました。

直近で気になり始めていたのは、このブログを読み返した時に、家では5月から保冷剤を付けて過ごしていましたが、今年は家では暑がることはなく、フローリングの上で寝ることもなく、カーペットかベッドの上でまだ寝ていました。
暑がりなのに暑くないのかな~とは気になっていましたが、毛が薄くなったので、そこまで暑くないのかな?とも思っていました。

それでもねえママは、タロちゃんが歩けていること、ご飯をイヤイヤワンワンしても結果的に何とか食べてくれること、この2つができていれば、まだまだ大丈夫、そう思っていました。
(もちろん、健康診断の検査結果に異常が無いことも確認した上で、です)

でも、見くびっていたのかもしれません。

本当は、もう随分前から体が衰弱していくのをタロちゃん自身感じてしんどかったのかもしれません。
歩くことが好きじゃなかったら、とっくに歩けなくなっていたら、もしかしたら、16歳までもたずに虹の橋を渡っていたのかもしれません。
あと3ヶ月で17歳でした。
18歳、20歳は分からないけれど、17歳にはなれる。そう思っていました。
だから16歳8ヶ月で旅立ってしまって、ねえママは、タロちゃんの寿命はもうちょっと長くて、それなのに早いよと思いました。
けれど本当は、タロちゃんの持つ寿命はもっと短くて、歩けることが、タロちゃんの寿命を延ばしていたのかもしれない。

健康診断も問題無くて、歩けていて、ご飯も食べて。
この3つでねえママは安心し切っていたから、何も気づかなかった。
こうして少しずつ老化が進んで、ゆくゆくはタロちゃんも寝たきりで排泄補助や、食事も流動食の完全介護になって、
そしたら仕事を辞めて毎日傍にいて完全介護をしよう、そう思っていました。



思えば1週間前の5/21 真夜中の大惨事、これがタロちゃんの旅立ちの前兆だったのではないかと今になって思います。

旅立ちの1週間前の真夜中、お家の中で下痢のようなウンティッティをそこら中にしました。
家でする、そんなことは初めてでした。
夜が明けたその日、まだ出るかもしれないと思い、朝タロちゃんを抱っこしてエレベーターに乗った時、突然泣いて、モゾモゾジタバタしました。
ねえママはウンティッティがまだしたいのかと思って、慌ててお外に行きましたが、その時は結局しませんでした。
外に出たタローちゃんはいつも通りでした。

その後もウンティッティの様子がおかしいのであれば、病院にすぐ連れて行くつもりでしたが、下痢状でもないし、家の中ですることもありませんでした。

別件で3日後に病院に行った時、その話も先生にしましたが、前日にペット用健康飲料水を飲ませてしまったからお腹が緩くなったのかと~と、ねえママが言ったのもあって、それで終わりました。

しかし、その翌週、仕事から帰宅すると2日続けて小さなコロコロした丸いウンティッティがベッドにちょこんと落ちていました。
ベッドに落ちているところからすると、わざわざ力んで出したというよりは無意識的に出たな、と思いました。
これが続くなら、おむつかしら、と思いました。

きっとこの大惨事からタロちゃんの旅立ちは始まっていたのかもしれません。

タロちゃんが旅立つ日、父が散歩に連れて行って、帰りのエレベーターの中で泣いてグッタリしたのが急変の始まりでした。
そしてその後2回ウンティッティを洩らしているのです。

よく、息を引き取る時、チッコとウンティッティが出る、というのを聞きます。
タロちゃんは旅立つ時、チッコだけでした。
ウンティッティはその前に出しきってしまっていました。

きっと1週間前から体に異変が起きていたのに、ご飯もよく食べていたし、朝と夜のお散歩ではよく歩いていたから、ねえママ気づいてあげられなかった。
ううん、1週間前からではなく、半年、1年も前だったかもしれない。
タロちゃんは毎日の生活が辛かったのかもしれない。
お散歩やお出かけも、そろそろお休みしたかったのかもしれない。
でもねえママが、健康の為に、と言って連れ出していたから。
タロちゃんは強い子だったから、頑張ってくれていたんだね。



タロちゃんは、昔からプライドの高い子でした。
嫌な事は絶対嫌、折れることをしない子でした。

もしかしたら、寝たきりになって完全介護でチッコとウンティッティの世話もされて、ご飯も美味しくない流動食を食べて、ってそんな将来はタローちゃん的にまっぴらだったのかもしれません。
自分で歩いて、美味しいもの食べて、チッコもウンティッティもお外の好きなところに好きな時にして。
そうして、旅立ちたかったのかもしれません。

以前、ねえママは「タロちゃんは寝たきりになっても幸せなのかなぁ?」
と、書いたことがあります。
タロちゃんの答えは、NOだったのかもしれません。

そう思えば、タロちゃんの旅立ちはタロちゃんらしくて、タロちゃん自身の本望だったのかもしれません。

でもやっぱり寂しいよ。

今年のタロちゃんの体型に合わせて、夏用の服も買い揃えた。
お首のハゲさんが虫や紫外線にやられないよう、フードを手作りで付けた。
GWの連休の間、滑り止めのマットも部屋中に敷き詰めた。
寝疲れがしないよう、高反発マットも買った。
お散歩ハーネスも新しく作り揃えたばかり。

これからのタロちゃんの進んでいく老化に、今年は、色々備えたばかりだったけれど、
殆ど使わないうちに旅立ってしまいました。

タローちゃん。

どれもあまり気に入らなかった?

タローちゃん。

いっぱいいっぱい気付いてあげられなくてごめんね。


DSC_0431.jpg


ねえママの元に来てくれてありがとう。
タローちゃんと過ごした7年間、ねえママは幸せでした。
タローちゃんのことが大好きですよ。
タローちゃん、いっぱいっぱいありがとうだ。

ねえママのこと、忘れないでだよ。

ずっとずっと大好きです。

taro1008171.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ