09
1
5
6
7
11
12
13
14
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30
   

犬を飼うこと

トコはブリーダー廃業の保護犬です。
次にワンコを迎える時には、第一に保護犬から迎えようと思っていました。

犬を飼っていれば、ペットショップに行く機会は多々あるので、ペットショップで売られている子犬を目にする機会も多々ありました。
売られている子は、生後3ヶ月とかのまだちっちゃい子犬だから、「連れて帰っちゃいたい!」と思うような、それはそれは可愛い子犬達です。
でも、そう思う子は、自分が飼わなくても家族がすぐ決まる筈。
気になるのは、明らかに「売れ残りました」というような、生後6ヶ月以上経った子達。
この子達、売れなかったらどうなるの?
第二は、そういう子達でした。

ブリーダーさんの話になります。

私は、今までブリーダーさんのところに訪問したことがありません。
そこら辺にあるものでもないので、足を延ばして行く機会もありませんでした。
そもそも、ブリーダーさんとペットショップでの購入の違いが分かりませんでした。
お金を出して買うなら、同じじゃないの?
そう、思っていました。

でも、トコちゃんを迎えて、トコちゃんの保護主さんの活動を見させて頂くうちに、その違いが何となく分かりました。

きっと、私みたいにその違いが分からない方は沢山いらっしゃると思うんです。

そんな方達にも分かり易い良い記事を見つけたのでご紹介しますね。
紹介するのは、ブルドッグのブリーダーさんの記事です。

150516 (10)

繁殖ではなく育種
正当な種を保存し継承する


150516 (11)

増殖をする為ではなく種の保存を目的としているので繁殖家という言葉には少し違和感があります。

ブリーダーさんにも二通り、優良ブリーダーと悪徳ブリーダーがいると聞きます。
優良ブリーダーは、このブルドッグのブリーダーさんのように、本当にその犬種を愛していて、その犬種の保存を望んでいる。
ペットショップに委託販売や卸すこともなく、我が子のように愛しているからこそ、購入される方を自分の目で確かめて受け渡す。
犬種の保存の為にも、健康な子が生まれるような繁殖を行う。

一方で悪徳ブリーダーは、増殖をして売る、特にその時代の流行犬種は売れるのでお金にする、を目的としているので、障害を持った子達にも何度も子供も産ませ、ペットショップで売る、お金儲けをする、というものです。
障害を持った子達が生んだ子犬は、健康ではなく当然障害を持っています。
それは、もう犬種の保存ではありません。

トコちゃんにおいては、ブリーダー廃業から迎えましたが、一頭一頭に名前が付いていた事、廃業2年も経ち、色々皮膚病はあったけれど、飼育放棄しなかったこと、血統書も残っていてトコちゃんの親はチャンピオン犬だったこと、も考えて、悪徳では無かったと私は思っています。

保護犬のお話になります。

私のお友達の中にも、「保護犬を迎えたかったけれど、条件が厳しくて申し込めない」という方もいます。
小さい子供がいる・・・
一人暮らし・・・
など、大体の保護団体さんは、その保護犬が二度と不幸な目に合わないよう、生活環境の条件を提示されています。
そうなると、保護犬を迎えたくてもなかなか叶わない場合もあると思います。

幸い、私はトコちゃんを迎え入れることができました。
トコちゃんとの信頼関係や家庭犬としての成長は、まだまだこれからも日々築いていくものですが、私はトコちゃんに出会えて良かった。
身寄りのない、保護犬を迎え入れてあげることができて良かった、そう思っています。

先日、栃木で保護活動をされている方にトコちゃんを迎えたことを報告し、トコちゃんの写真を送りました。
「ブリーダーさんからの保護犬は人の愛情を知らないので表情のない子が多いけど、トコちゃんは随分表情が出てきていますね」
そう返信を頂き、嬉しかったです。
この7ヶ月でトコちゃんも随分成長しました。
まだ「人」の感情が分からない部分もあるので、これからも一緒にお勉強です。
タローちゃんしか知らなかった私が、トコちゃんを迎えて私も沢山学ばせてもらっています。


私の周りの犬を飼っている皆さんは、ハッピーなドッグライフを送られています。
その子がどこから迎え入れた子であろうと、ハッピーです。
とても素晴らしい事です。
ただ、犬を飼っている方達は、今の、この現実は知っておいて欲しい、そう思ったので記事にしてみました。


150516 (16)





スポンサーサイト

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ