10
3
4
5
11
12
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トコちゃんとの出会いから1年

トコちゃんとの出会い。

昨年の9月、ペキニーズの保護犬をネットで検索している時に、とあるパーティーカラーのペキニーズが目に入りました。

o0300022512978599902.jpg




サンタの家」での里親募集の記事でしたが、掲載日が古かったので今でも募集中なのかな?と思い、問い合わせてみました。
その日の夜、お電話を頂きました。

ペキニーズの子は、まだ群馬県の廃業したブリーダーさんのところにいます。
ペキニーズの子は、他に4~5頭います。
来週、レスキューの予定なので、レスキュー後、また連絡します。

とのことでした。

え?!そんなにいるの?!

まだ廃業ブリーダーさんのところにいるの?!

と、ビックリな事ばかりでしたが、遥々東京から群馬までレスキューして下さったその夜にご連絡を頂きました。

ペキニーズ5頭レスキューしました、明日、面会にいらっしゃいますか?

翌日、仕事帰りの夜に、面会に、保護主様のお宅にお邪魔させて頂きました。
それが、1年前の今日だったと思います。
沢山の犬・猫達をお世話されている保護主様でしたので、お家の1室が保護犬部屋になっており、入ると、まず、ゲートのところにいたのが、トコちゃんと、パピヨンの子でした。

ペキニーズ4頭(1頭は別の預かり様宅へ)と、パピヨン2頭、スピッツ1頭、マルチーズ1頭の子がワサワサしていたけれど、トコちゃんだけが丸刈りだったので、「この子もペキニーズですよね?」と聞いた私。
他の子達は、避妊、去勢手術を終えたばかりでシャンプーができないので、レスキューされたままのボサボサの毛、毛玉だらけ、そして悪臭も。

140918 (14)

140918 (10)


15879456 (8)

15879456 (1)

15879456 (3)

15879456 (4)

15879456 (5)

201409181234 (2)


ペキニーズ以外の子は、人が大好きですぐに寄って来てくれました。
ペキニーズの子は他犬種と比べると人が大好きという印象は薄れます。でも、その中でも一番にスリスリ嬉しそうに寄ってきたのが、写真で見たパーティーカラーの男の子、プルーンでした。
プルーンは全体の中でも特に、元気で落着きの無い様子の男の子。(当初)

15879456 (2)

こんな感じで一人でテンション高かった!
ゆずの上に乗っかったりもして、ゆずは怒っていました(笑)
とまと(現さくら)は、穏やかな印象を受け、他の子にも興味なし。
トコちゃんも、とまとと同じような雰囲気でした。
1時間位、触れ合わせて頂き、父とも相談したいので、一旦帰宅。
着ていた洋服が、悪臭で(笑)電車の中で「この女、クセー」と思われていないか気になったねえママ(笑)

白ペキ男の子、を探していたけれど、皆良い子達なのに、ボサボサで臭くて・・・
全員は無理だけど、1頭の里親になってかわいくてしてあげたい、と、思いました。
トコちゃんに決めたのは、お水を飲みに行こうと思ったら、トコちゃんより素早いスピッツのゆきちゃんが、先にお水受けに行っちゃって、トコちゃん、ゆきちゃんの後ろで飲み終わるの待っていたの。それで、飲み終えてやっと自分の番ね、ってお水飲もうと思ったら、ゆきちゃんが全部飲んじゃって空になっていたの。

15879456 (7)


トコちゃん立ち尽くしていた姿が印象的だったから、トコちゃんをうちの子に、と、決めました。

それからは、トコちゃんを迎える準備を色々と・・・
初めての室内トイレトレーニング、フードの準備やサークルの準備。

疥癬があったので、お届けはそこから3週間後になりました。
その間に、無理言って、もう一度会わせて頂き、その時には茹でたかぼちゃを持っていきました。

そしたら、みんな大喜びで、ムツゴロウさん状態(笑)

20141003123 (1)

みんな、オスワリ知らないからね(笑)

20141003123 (3)

でもこの状態で、早いもの勝ちだけど、お互い喧嘩しないからお利口さん!!


トコちゃんも始めは、初めての物にペッペッ出しながら食べていたけど、食べておいしいと分かったら私も私もって。

20141003123 (4)


プルーンは喧嘩するから中でって、ケージの中で食べていたけど、食べ方下手だった(笑)

201409181234 (1)

短くなっていたプルーン。

ゆずととまとは、この時はペキニーズレスキューさんに引き取られていました。

実はトコちゃん迎えるにあたって不安な事も山ほどあったけれど、2回目会わせてもらったら、とっても楽しみになってきた♪
今はクリボーに見えるけど(笑)うちできっとかわいくてしてあげようって。
少しずつ慣れてもらって楽しいこともいっぱいしようって。

それからトコちゃん、お話によると、ブリーダーさんが廃業してから、ご自分で里親探しをされて一度、先住犬のいるお宅へトライアルへ出た経験があるそうです。
先住犬の子が目の見えない子で、トコちゃんが来たことによってストレスを感じ、戻って来たと聞きました。

その頃の?サンタの家で里親募集をされていた時の写真は
サンタの家にて、下から17行目位に、トコちゃんと、ペキニーズレスキューにて里親が決まった桜、ペキニーズレスキューにて現在も里親募集中のプルーン、ゆず、が確認できます。

トコちゃんもすっごく良い子だけど、他の皆も、食いしん坊で、でも性格は本当~~~に良い子達です

1年前、トコちゃんとこうして出会い、1年の春夏秋冬を過ごすことができました。

しつこいけど、トコちゃんは本当にお利口さん。
「保護犬なのに」という言葉は、保護犬を非難しているつもりはないけれど、トコちゃんとの生活はとても楽をさせてもらっています。
我が家でのトイレの失敗もこの1年の間で両手指以下、無駄吠えもほぼ無し、イタズラもしない、唸ったりガウったりもしない、本当に良い子
そしてこの1年で、色んな事たーくさん覚えてくれてとっても立派に成長してくれた

ぶっちゃけ、白ペキのタローちゃんと過ごしたねえママは、

やっぱりペキニーズは白がいちばんかわいいよね~

なんて思っていたけど、トコちゃんを迎えた今、フォーンの子も、とてもかわいいと思うようになった
(トコちゃんはレッドみたいだけど)

大好きなタローちゃんがいなくなった後の、悲しみをトコちゃんが埋めてくれています。
トコちゃんも、ねえママの大好きな子です


タローちゃんがいなかったら、トコちゃんにも出会わなかった。

タローちゃん、ありがとう。

トコちゃんも、うちに来てくれてありがとう。

二人から、沢山の幸せをもらっています





スポンサーサイト

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ