08
1
2
7
8
9
16
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

トコ、ハーブ療法を試してみる

5月初旬にお腹ユルルになって、なかなか治らなかった頃。
病院で勧められた腸内環境サプリも、お腹に良いと言われる食材も与えていたのに、効果無いってことか~

ってことで、ハーブを試してみようかなって買ってはみたものの・・・

なかなかお腹治らなくて療法食に切り替えてしまったので、ハーブはお蔵入りしていたのですが、一般食に戻したのと同時にハーブ療法も始めてみました。

レメディやエキスなどもあってどれが良いのやら~
と悩んだけれど・・・液体だとハーブの風味が強すぎてご飯を食べなくなっても困るので、パウダーにしました。

英国のハーブ療法で信頼の厚い ヒルトンハーブ ダイジェストサポート

60360416.jpg


消化器系全般の働きをサポートしながら健康な状態に保つ、鎮静効果の高いハーブミックス。消化に関する全ての機能を隅々までケアするサプリメントです。ストレスや食餌の変化、環境の変化などで消化器官の働きのバランスを崩してしまった時に、その機能を正常に戻し、食物が自然に消化できる状態になるようサポートを行います。

キーノート
常に軟便気味、ストレスや環境の変化時、食餌の内容を変える時などに


使用ハーブ
スリッペリーエルム、マーシュマロウ根、ゴツコーラ葉、リコリス根、ダンデライオン根、カモミール花、バレリアン根、クランプバーク


これがまた生薬の香りがすごいんだけど、1回の使用量もトコちゃんの体重であればすごく少ないのでご飯は問題無く食べてくれています。

効果が現れるのは1ヶ月弱なので、まだまだだけど、今のところ一般食(K9 Natural ベニソン)に変えて、ハーブ療法を始めても問題はありません。

ハーブはトコちゃんに合うかな~

160717 (12)


スポンサーサイト

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ