11
1
2
6
7
8
9
14
15
16
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

トコ、フィラリア予防薬スタート

4月末から始めたかったフィラリア予防薬。
検査結果を聞いたのが一昨日だったので、5月初旬スタートになっちゃった

1705061.jpg

トコちゃんは、フィラリア予防はイベルメック。
ノミ・ダニはフロントラインプラス、です。

上記がまとめて1回、おやつタイプで投与できる話題のネクスガードも気になったのですが、お高かったので止めました・・・

その後、ネクスガードに関する拡散された記事を拝見して、ネクスガードにしなくて良かったと個人的に思っています。

その理由。

フィラリア予防のイベルメック
・子犬からの投与も問題無し

ノミ・ダニ駆除のフロントラインプラス
・注意点
1. 衰弱、高齢、妊娠中あるいは授乳中の犬には、慎重に投与すること。
2. 本剤使用後1日間は、水浴あるいはシャンプーを控えることが望ましい。

上記の両方を合わせたネクスガード
1. 制限事項
(1) 本剤の投与前には健康状態について確認し、使用の可否を決めること。
(2) 本剤は8週齢未満の子犬、又は体重1.8kg未満の犬には投与しないこと。
(3) 繁殖に用いる犬、妊娠中あるいは授乳中の犬に対しては、安全性が確認されていないため、使用を避けること。2. 副作用
(1) 副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。
(2) 野外臨床試験において、因果関係は不明であるが、犬に嘔吐がみられたとの報告がある。
(3) 国外の野外臨床試験において、皮膚の乾燥、下痢、嗜眠及び食欲不振がみられたとの報告がある。

医者じゃないので、成分的なことは説明できないけれど

要はネクスガードはそれだけキツイお薬を内服させて、しかも体内で1ヶ月持続になってるってことだよね。
だから、生後8週齢未満、体重1.8kg未満、妊娠中、繁殖予定の犬には使えない。

イベルメックは、月1回まとめてノミ・ダニを短時間で駆除する為、1ヶ月体内で持続している訳では無いそうです。
フロントラインプラスは1ヶ月持続だけれど、よっぽど皮膚病が酷くて皮膚に滴下できない、という状態で無ければ、投与は可能。

ネクスガードの、1回でまとめて予防ができる、効果が持続できる、という利点を優先的に考える場合はネクスガードは良いと思うけれど、うちは今までのイベルメック+フロントラインプラスで不都合も感じていないし、トコちゃんの体を優先に考えても、これからもこのまま、かな



スポンサーサイト

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ