08
1
2
7
8
9
16
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

老犬介護のキモチ

何年か前から、県内に住むパピヨンの子のブログを拝見させて頂いていました。

今年15歳になるパピヨンの子は、以前、膵炎を発症し、その時は危うかったのですが膵炎は落ち着いたものの、それから介護が始まったそうです。

飼い主様のブログにこのような事が書いてありました。

膵炎が治れば、元の○○に戻ると思ったけど、元気だった頃の○○はもういない。
夜も、昼も、まとめて眠れないのが辛い。
介護は本当に辛い。
変わってしまった○○を見るのが辛い。
生きるために生きてるだけの○○を見るのが切ない。
今のこの状態から抜け出したいと思う。
だけど、この状態が終わる時は○○がいなくなる時だから、このままでいい。
どうしたら強くなれるのだろうか。


15歳を過ぎて夜泣きが続いたタロちゃんとの生活を思い出しました。

140222 (17)


あの時は、日中は仕事に出ていて昼寝なんてできないし、そんな中で夜、何度も起こされることが本当にしんどかった。
(実際は、仕事中に何度寝てしまったことか・・・)
寝れないことも辛かったし、マンションだったので夜泣きが隣近所の迷惑になっていないか、考えただけでもストレスでした。
夜中の2時、3時に散歩に行ってたな・・・
で、朝6時にも朝んぽに行って眠すぎて公園で寝てたな・・・
懐かしいけど、タロちゃんより先に自分が倒れるんじゃないかと思うこともしばしばでした。

ご飯もなかなか食べてくれてなくて、何が食べたいのかも分からない。
昨日食べたものも今日は食べない。
ご飯を食べさせるのだけでも30分~1時間かかる。


辛かったけど、

年老いていくことに不安を感じているタロちゃんが、ねえママが傍にいてくれて良かっただ

ねえママがいれば安心だ

そう思ってくれたら嬉しい、それをモットーに自分なりに頑張ったつもりです。

140329 (17)


パピヨンの子の飼い主様のブログを読んで、共感できる部分があった。

老犬介護は本当に辛いけど、それまで沢山の幸せをもらった犬達に、飼い主が恩返しをする時間が老犬介護。

めげそうな時もいっぱいある。
泣き事を言いたくなる時もいっぱいある。
辛い時は言ってしまえば良い。
誰かに聞いてもらうだけで心が少し楽になるから。
老犬介護経験者には、分かってもらえるから。

140208 (3)

辛い時間だけど、その時間がそれまでのどの時より、いちばんその子を愛おしいと思う時間になる。

131222 (9)

131214 (29)

ねぇタローちゃん、ねえママはあなたのことが大好きですよ
スポンサーサイト

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ