FC2ブログ
   
08
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

高齢犬は治らない

今朝、週一のタローのシャンプーをして、乾かしている時に背中の円形脱毛とは別に、お腹に以前にもできたような赤い湿疹が5個以上できていたのを見つけました。
お薬が切れるまであと5日間、皮膚科専門医の方の診察も9月なので、迷った挙句、今日はいつもの病院に行って来ました。

お腹の湿疹は、背中の円形脱毛の真菌とは別の細菌による感染だそうです。
抗生剤の注射を打ってもらいました。

前回真菌のお薬を2週間分頂いた時に、「あと2週間(合計1ヶ月)でかなり良くなるはずだから、お薬はこれで終わりにしよう。もし、良くならないとか悪化するとかだったらまた来て」
と、言われていたので、3週間過ぎても治らないのですが・・・と申し出たのですが、


「まだ3週間でしょ?治らないよ。皮膚病は長く付き合わないといけないものなの。特にこの子の場合、年齢的なものもある。
最初にも言ったように、若い子ならすぐ治るとはっきり言えるけど、高齢の子は治らないよ。治ることはない。
治らないけど、状態を良くしてあげることはできる。自分達は神様じゃないから、完全に治してあげることはできないの。
分かった?!」

と、こっ酷く10分近くお叱りを受けました・・・・

確かに、高齢の子は免疫力の低下で真菌症にかかり易いとは聞きましたが、「治らない」とは聞いてない・・・と思う。

私は昔のようにモコモコフッサフサの毛になることを期待していたのではないです。
多少、全体的に薄くなることは仕方ないと思っています。
だけど、今のような病的な円形脱毛が増えることは止めてあげたいと思っています。
そして、治療の一環である週一の薬用シャンプー・・・
タローさんはシャンプーが好きではないから、これだってタローの負担になっているはず。
できれば早く治して以前通りの月1に戻してあげたい。

そう思うことは間違っているの??

皮膚病・・・人間の皮膚病だって治療は難しいとは思うけど・・・

治したいと思っている私は間違ってる??
高齢故に治らないことを受け入れて、円形脱毛ができても諦めて付き合って行くしかないの??

とても悲しい1日となりました・・・
2年お世話になっている先生でしたが、なんとなく信頼感というものを失いました・・・
スポンサーサイト



こんにちわ

医者にそんな風に言われたら
素人はどうすればいいんでしょうね?
もっと違う言い方がありますよね。
信頼関係がなくなりそうですね。
お察しします。

うちのラッキーも12年間アトピーでずっと苦しんできました。
もちろん医者には体質だから治らないです と言われてきました。
でもでも今年治ったんですよ!
効いたのは多分漢方です。
だから医者からなんと言われたって治ることもあるんです。
前をむいて頑張ってくださいね。

佑香さんへ

励ましのお言葉ありがとうございます!
昨日からずっと考えています。
相手は先生なので、その場では何も反論することはできませんでしたが、
自分達は神様じゃないから治せないと先生が仰るのであれば、
「治るように一緒に頑張りましょう」と言ってくれる先生を
探します、と思いました。

そんな先生いるかは分からないし、近所のワンコ友達も乏しいので
口コミで評判の良い動物病院も分からず・・・でも転院しようかと思っています。

昨日は先生もあまり体調が良くなかったようですし、
本当は今までずっと診て頂いて、それだけタローの診察記録も
残っているので転院はあまりしたくないのですが、
今後益々年齢を重ねることでこのような言われ方をするのが増えるのであれば、
この子の病気を何とかしてあげたいと頑張っている飼い主の気持ちを
傷つけるものだと思うので・・・
先生にとっては「多数いる患者犬のうちの1人」ですが
私達にとっては「かけがえのないただ1人の犬」ですものね。
そういう気持ちは察して欲しかったと思います。

そうですよ!
人間だって「子供の頃アトピーだったけど今は治った」という人、
いますよね!
治ることだって、多くは無いかもしれないけど、ありますよね。
漢方は体質改善に良いと聞きます。
動物への代替治療をやっている病院が近くにないのが残念ですv-406

こんばんは!!

れいこさんのお気持ちよくわかります。
自分の子に病気があれば治してあげたいのは親心です。
高齢を理由にされると、飼い主は何も言えませんよね。。。
タローさんはまだまだ高齢ではないですし!!

今のタローさんと同じくらいの時は、静岡にいました。
まさにお犬様の病院というくらいの病院でした。(豪華なの☆)
てんてんの主治医は女医さんでしたが、
とても良く診てくださいました。
具合の悪い時は、朝預けて夜お迎えに行っていたのですが、
治療だからと言って、預かり料金を取ってくれませんでした。
そんな先生だから、てんてんを預けていたのかもしれません。
ただ、その先生は動物を好きなのかな???
と思ったことはあります。
ドライな先生でした。
そこが好きだったかも♪

名古屋へ越して一件目の病院は、
お年寄りだからといつも言われ、それがとても嫌でした。
おまけにお薬を飲ませられない獣医さんがいて、
即転院しました。(何かにも書いたような・・・)
2件目は、口コミで探しました。
とっても動物が好きな良い先生でしたが、
病院の設備が・・・
その当時のてんてんは、まだ医療行為を必要としていたので、
設備が整っている病院へ転院しました。
そのことは、その先生にもお話しました。
本まで執筆されている方なので、しっかりとした先生ですと仰っていただきました。
トリミングは、その病院併設の美容室へずっと通いました。
セカンドオピニオンとして、大切にしたい獣医さんでしたから。
診察の前に心電図をとって体調をみてくださる先生でした。

その後、名古屋にいる間ずっとお世話になったのが、
引っ越すまで通った病院です。
最終的には、高齢だから最低限の処置しかしてくださいませんでしたが、
それはこちらも承諾してのことですから・・・
多少・・・多少ですが、
もう少しなんとか考えてくれないかな・・・
と思ったこともありますが、
この年ですから、現状維持なら仕方無いのかな・・・
と・・・

でも、毎月心臓のお薬をいただき、
健康診断をしてもらうのですが、
必ず院長先生が診てくださいました。
(院長先生は時間が限られているので、なかなか診てもらえないようです)
そして、てんてん元気だな♪といつも言ってくださいます。
てんてんと呼び捨てにしてくださるのが、
私は好きなんです。親近感みたいな・・・
引越しをする時に、船に乗るからと言ったら、
(飛行機は絶対ダメ!と言われていましたので)
もちろん私も考えていたのですが、
弱い安定剤を使ったら、少しでも負担が少ないのではと、
お薬を処方してくださいました。
それが最後の通院でしたが、
病院のスタッフの方が皆さん声を掛けてくださいました。
良い病院に診ていただいたなと思いました。

今の札幌の先生は、
少々頼りなげですが、堅実な方のようで丁寧に診てくださいます。
検査結果も丁寧に話してくださいますが、
てんてんは、何かあっても延命は望みませんので、
痛かったり、辛かったりしなければ、
現状維持でよいと思います。
今のてんてんは、誰がなんと言っても高齢ですから。。。

そんなことを言っていても、
いざと言う時は駆け込むような気がします・・・

トリミングもその病院併設のトリミング室でお願いしていますが、
マイクロバブルはどうですか?と言ったところ、
獣医から心臓に負担が掛かるので短時間で済ませるように、
と言われているので・・・
と聞き、納得しました。
きちんと連携されているので、安心しました。

話がとっても長くなりましたが、
転院は勇気がいりますが、飼い主とわんこに負担や疑問があれば仕方ないことですよね。
タローさんにとって良い病院で、れいこさんが納得できる病院があると良いですね。
まだまだタローさんは元気ですから!!

私の皮膚病はまだ治りませんが、
私は自分の意思で転院できます。
治らなくても良い先生みたいだから、
替える気持ちはありませんが。
でも、わんこは飼い主がすべてですからね。
信頼関係が一番大切ですよね。
幸せな犬生が送れるよう、
飼い主が、がんばらなくては!

ちなみに今行っている鍼治療の先生は、
私にとっては微妙ですが、
犬のことは良くわかるようなので、お任せしています。
そんな信頼もありますよね。

余談ですが、一番好きだった獣医さんは、
八王子の獣医さんで、
てんてんの目にごみがあっただけで病院へ行ったら、
こっぴどく叱られた先生でした(笑)
時間外でも親切に診てくださり、
初めて犬を飼った私に、色々教えてくださった方です。

タローさんにも、れいこさんにも、
心から信頼できる先生にめぐり合うと良いですね。

とめどない話をして申し訳ありません。。。

はじめまして

れいこさん はじめまして こんばんわ
私もペキニーズを飼って4年目のおねいさんです。(病院でそう呼ばれています。) うちの子達は小さいころからよく病院通いをしていました。
なかなか思うような結果が得られないと、不安になり、気持ちも疲れて前向きになれない時もよくありました。また、病状からや、手術をしたこともあって転院を簡単には考えられなくて苦労した事ありました・・・
今でも動物病院を選択することにはいくつもの不安や疑問、焦り、とかで悩みがつきません。

ただ、私は診てもらった事はありませんが、口コミで評判の所があって、私の近所の飼い主さんたちの間ではかなり腕のいい先生と聞いています。 
電話で一度お話をされてみてからでも、診察をしてもらうかは決められると思います。ただ、そこの先生はかなり口調が厳しくなることもあったり、基本的に犬には手作りフードが大事とお考えのようです。
最近では漢方を取り入れた治療をするところや、アレルギー療法食を進めてくれたりするところもあったり、いろいろですよね。

れいこさんやタローちゃんが通院することを考えると出来るだけ通いやすいところのほうがいいとは思いますが、墨田区にある病院です。
もし、気になるなとお思いでしたら、力不足で申し訳ないのですが、私でよかったらお力になれることが御座いましたらどうぞ遠慮なく、お話ください。

ちなみに私は、翠らんドックパークでれいこさんとタローちゃんにお会いしたペキニーズのぺーとその飼い主嫁の方の、妹です。 あらためて、はじめまして妹?です。 私もいつかタローちゃんやバディ君にうちのぱぁを紹介したいなと勝手に思って、もしかして今年のペキ展とかで会えるかな?とかまでずうずうしく考えていた、ぺきファンv-238です。
今うちにいるのはホワイトペキニーズのぱぁ(雄4歳)です。
わんらぶ?夫婦ともどもよろしくお願いします。

おはようございます

高齢だから・・・ですまされるのは本当に頭にきます
(私の母も言われて怒っていましたw)
高齢だから負担の無いようにこうしようとか、
リスクがあるけどどうとか言うなら全然気になりませんが
高齢だから仕方が無いって・・・自分の親相手にも同じ事言うの??
って思っちゃうかも(人間と動物を同等にするなと言われちゃうかもですが)

我が家のわん太はご存知のとおり転院して、
今でもその獣医さんにお任せして良かったと思っています
安心度に信頼度に、全てが違いましたからね
本当に信頼できる獣医さんというのは、個々の感じ方もあるので
何処が良いというのは難しいですが、なるべく近所で
信頼できる方が見つかると良いですね

かおりんさんへ

ありがとうございます。
もうすぐ13歳になるタローですが、私も13歳は
まだまだと思っています。
今はもっと頑張っている子達がたくさんいますものね。
てんてんちゃんも♪

かおりんさんとてんてんちゃんは、
お住まいが転々とされていたのですね。
その度に、生活も含め病院の選択など
たくさんの不安があったのでしょうね・・・

そういえば、今までの先生は「タロー」と
名前で呼んで下さったことは一度もありません。
いつも「この子」でした。
毎日たくさんの犬猫を診ているから、いちいち
名前を覚えられないのは当然かな、と思っていましたが、
名前で呼んで下さる先生もいらっしゃるんですね。

かおりんさんのたくさん行かれた動物病院の
お話を読んでいて、何を基準に病院を選ぶのか、
難しいものだなと感じました。
たくさんの経験を教えて下さってありがとうございます。
今後の参考にさせて頂きたいと思いますね。

私自身も、ニキビ治療で10年以上、色々な皮膚科を転々としました。
自分の病院の転院は全く抵抗がありませんでしたが、
タローの病院の転院は不安でいっぱいです(笑)

かおりんさんの皮膚病も良い兆しが見えますように。

妹?さんへ

はじめまして!
コメントありがとうございます♪
ペーちゃんご家族の妹さんなのですね!
すいらんの時に妹さんもペキちゃんを飼っていると
お話伺いました。
パーちゃん、いつかお逢いしたいです。
タローは13歳ですが、私もペキ飼い歴4年目なので、
同学年ですね(笑)

そして、病院のご紹介もありがとうございます。
東京は評判の良い病院がたくさんありますよね。
漢方、鍼灸、ハーブ、などの自然治療に取り組まれて
いるところ・・・
そういった治療にも興味があるのですが・・・
やはり家から車で30分以内が限度かなと思っています。
突然容態が悪くなって急いで病院に行かなければいけなくなった時や、
毎日通院しなければいけなくなった時のことを
考えると、ホームドクターは近所がいちばんかなと
思います。

ご紹介頂いたのに申し訳ございません・・・
ありがとうございました。
ペーちゃんパーちゃんに会える日を楽しみにしています!
ペキ展、今年もありますかねー?
あるといいですね!
ペーちゃんとは違って毛艶も悪く、毛薄のむっちり顔デカペキですが、
宜しくお願いしますv-398

さいさんへ

「13歳なんて70歳近いんだよ?治す方が無理な話。
はっきり言いましょう、治りません。」
などなど「分かった?!」という言葉を5回程交えながら、
長々と話されました・・・
ネットで病名を検索する限り、「再発し易い」「治るのに時間がかかる」ということは書いてあっても、
「治らない」ということは書いていないのですが・・・


生涯診て頂くつもりだっただけにショックでなりません。
生涯診て頂けるホームドクターがいることは
ワンコの長生きの手助けになるだけではなく、
飼い主の安心感にも繋がるのでまた一から
出直すしかないですね。
頑張りますv-393
Secret

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ