08
1
2
7
8
9
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の今後の治療について

先日の検査結果の詳しいお話を聞きに、病院に行って来ました

①1回目の採血
②コルチゾールを投与(注射)
③1~1時間半置く
④2回目の採血


先日行った上記の検査をACTH刺激試験と言います。

①の1回目の検査では、コルチゾールの数値は平均値でしたが、コルチゾールを投与した後の④の2回目の採血で、正常ならば21.7以下のコルチゾール値が、タローちゃんは26でした。


121006 (8)


よって、クッシング症候群と診断されました。

先生曰く、ランクを付けるとしたら、タローちゃんのこの数値は中度の症状ということです。

クッシング症候群は、慢性的に過剰なコルチゾール(ホルモン)に暴露さらされて起こる症状群であり、脳下垂体性と、副腎性のものと2種類あるそうです。
脳下垂体性かを調べるには、設備の整った病院でMRIやCTが必要で、全身麻酔となります。
副腎性のものであれば、副腎が大きく腫れているかをエコーで確認できるということで、まずはエコー検査をしてもらいました。

121006.jpg

121006 (2)

こんな姿で押さえ付けられたタローちゃんは、フンフン泣いていました

エコーの結果、副腎が大きく腫れあがっている事は確認できませんでしたが、今後、注意が必要ということでした。
つまり、脳下垂体性の場合も否定できないのですが、全身麻酔によるMRI・CTなど、リスクを負ってまでの検査をするかというと、タローの年齢を考えたら当然しませんので、脳下垂体性であるかどうかは調べることができません。


クッシング症候群の主な症状に「飲水量の増加」があり、今週、タローちゃんの飲水量をおおよそではありますが、測ってみました。
もちろん土日など、まだ暑い日中にお出かけをすると、400cc弱は飲んでいますが、平日の朝夕の2回のお散歩だけの時は、1日に100cc強でした。
ご飯に含まれる水分は除外した純粋な飲水量です。
体重1kgに対し、平均60ccだそうで、体重6.5kgのタローちゃんは400cc近く飲んでも良いそうなので、今のところ、タローちゃんにはクッシングの代表的な「水を良く飲む」症状は出ていません。


さて、クッシング症候群の治療には、トリロスタンというお薬を投与します。
この病気は治すことはできません。症状の進行を止め、将来的に糖尿病などの合併症に繋がるのを防ぐ為の治療です。
トリロスタンは人間用と、数年前に犬用も開発され、2種類あるそうです。

人間用・・・錠剤。
錠剤の為、個体や症状に合った量の薬を微妙に調節が可能。<例>1錠の1/2、1/4・・・など
最初に100錠を7万円にてまとめて購入。
副作用が強く出た場合は、投薬の量を調節するか、投薬を中止。
その場合、残った錠剤の返品・返金は不可。

犬用・・・カプセル。
カプセルの為、体重別のカプセルはあるが、錠剤のような微妙な調節ができない。
1カプセル250円。必要数だけ購入が可能。
副作用が強く出た場合は、投薬の量を調節するか、投薬を中止。


と、いうことでした。

どちらにするか、究極の選択でした。

もちろん、タローちゃんの為なら7万円は出します。
この間のお祝金はやっぱり今後のタロちゃんの病院代に・・・

ただ、ケチる訳ではありませんが、もし、人間用の投薬がタローちゃんに合わなくてすぐに中止になった場合、7万円は捨てたも同然・・・
合うか合わないか分からない薬に、それも最初から100錠なんて大量に購入して無駄になるかも分からないのに、7万円出すのは勇気が要ります。

ですので、2週間分が購入できる犬用カプセルを選択しました。
悩みに悩んだ結果、出した答えでしたが、今日は在庫が無くて、来週取りに行って投薬開始。
投薬開始後、2週間後に、お薬の効果を見る為、もう一度、ACTH刺激試験を行います。
当分、週末の病院通いが続きます

121006 (3)


薬の副作用が出た場合、元気・食欲の消失、吐き気、などがあるそうです。
投薬開始後は2週間、よく観察しなければなりません。

もちろん、投薬そのものをするかしないかも、飼い主の判断でした。

投薬したからと言って治る病気ではありません。
毛だって、前のようにモッコモコのフッサフサになるとは限りません。
タローちゃんは今は脱毛以外はとっても元気だし、ACTH刺激試験ではクッシングの確定診ができる数値が出たけれど、その数値が無ければ、病気だなんて思えません。

でも分かり難い、気づき難い、それがクッシングなんです。
クッシングはとても難しい病気だそうです。

放置しておけば、合併症を招く危険もある・・・
そうなった時に投薬をしなかった事に私は後悔をする。
でも、投薬をして、万一タローちゃんに合わなくて逆に衰弱してしまった場合、それも後悔をする。
どっちを選んでも悪い結果が出れば、どっちにしろ、後悔するんです。
だったら投薬をしない方が・・・と考えたのも事実です。
だけど、何もしないより、できるのであれば何かをしないと、と思ったので投薬に挑戦することにしてみました。
万一お薬がタローちゃんに合わなければ、投薬を止めることもできる(はずだ)し、来週からの2週間様子を見てみたいと思います。

先生には言いました。

私が一番懸念しているのは、今、とっても元気なこの子が投薬をする事によって、衰弱することだけは避けたい、と。

先生も、それはやってみないと分からない、だけれども、合わないのであればお薬を変えたり、量を調節したり、中止することはできる、
副作用と言っても、抗生物質でも、どんな薬にも副作用はあるから

と言われました。

確かにそう。
恐れてちゃいけないよね。
愛するタローちゃんと一緒に頑張ろう。
お薬と戦うのはタローちゃんだけれど、おねえたんママはその何倍もタローちゃんを応援する。
頑張ろう。

そう、決めたのでした。
スポンサーサイト

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ