10
3
4
5
11
12
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)投薬始めました

今朝、お出かけ前に病院へ寄って副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)のお薬をもらってきました

トリロスタン(アドレスタン)という犬用のクッシング症候群のお薬です。
体重3~10kgの場合、1日1回30mgがベースらしいので、タロちゃんも1カプセル30mgのお薬を、14日分頂きました。
(3,500円でした)

ネットで調べまくったところによると、数年前まではミトタンというお薬が、副腎の腫瘍を破壊させるということで主流だったそうですが、副作用が強烈だったようで、近年はこちらのトリロスタンが副作用が少ないということで、治療の主流となっているそうです。
しかしこのトリロスタンは、ミトタンの腫瘍を破壊させる効果とは違って、あくまでも過剰に分泌されるホルモンを抑制するだけのお薬なので、生活の向上を目指すだけで、完治を目的としたものではありません。

先日の記事で、人間用の錠剤ではなく、犬用のカプセルを選択した記事は書きましたが、ついこの間、
待てよ
カプセルって大きいんじゃね
飲ませられるか
と思ったけど、申し込んだ手前とりあえず何とかするしかなく・・・

121013 (17)

病院でも
「ちょっと大きいので飲ませるの大変だと思いますが
と言われましたがね
普段、錠剤でさえ割ってあげているのに、これは無理があるわ~と私も思った

しかしとりあえずやってみるか、とタロちゃんの好きな鶏皮に包んであげてみたら、

ゴックン

しましたよ

ついに飲んでしまいました

飲んで数時間経ちますが・・・今のところ変った様子ナシ

しかし服用している子のブログを読みまくったところ、投薬中、数週間してから副作用が出た子もいるようなので、いつまでも気が抜けない状況

そして今日は割と食事への食いつきも良かったものの、食いつきの悪い時にこの大きなカプセルをゴックンするかというと、微妙

2週間後、お薬の効果を見る為に再度ACTH刺激試験を受けに行きます。

実はこのお薬、ACTH刺激試験を行う4~6時間前に飲まなければならず、それもブログで読みまくっていたから心得ていたのだけれど、2週間後の受診日の朝6時にできるだけ飲ませるよう頑張ってくださいと言われましたけれど

無理無理無理

朝は薬どころか食べ物も口にしないタロぽやんです
最近、たまぁに朝、食べる時もありますが、それもお散歩後じゃないと食べないし、朝6時に飲ませるっていう事は逆算すると4時台に起きて、5時にお散歩スタートか

無理無理無理

真夏ならまだしも、もう無理ですね

もしくは、お昼に飲ませて午後の診察でも良いと言っていましたけれど、それも微妙だなぁぁぁぁ

できなければできないで仕方ないけれど、できないと正しい検査結果が出るとは言えません

と、言われてしまった

せっかく投薬しても、正しい検査結果出ないかもね

こういう時、いつでも何でもあげれば食べる子が羨ましいぜ

けどとりあえずは、タロりんこちゃんの副作用が無いように、それが第一だよね
スポンサーサイト

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ