08
1
2
7
8
9
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

夜鳴き・・・痴呆症・・・?

相変わらず、お散歩ワンワン!のタローちゃんが続いています

昨日・・・6/17(月)は、朝のお散歩1時間半、夕方は父が行き、おねえたんママが帰宅するなりお散歩催促ワンワン!で、夜8時頃から約1時間行き、夜中もワンワン!、3時前にも行きました。
夜中に30分以上行くと、朝起きない可能性があるので、夜中は10~15分で済ませましたがご不満だったようです。
ただその分、朝はねえママの起床と同時に起き、朝んぽにも6時前から繰り出しました。(身支度の間もワンワン!していました。)

昼間はずっと寝ていてワンワン!とお散歩の催促をすることは無いようです。

なのに、おねえたんママが在宅する時間では異常なまでにお散歩催促をします。
そうなると、興奮し、抱っこをしようとも添い寝しようとももう止まりません。
それが夜中だとお隣さんが気になります。
大体は、一度充分にお散歩に行けば、数時間は満足して寝ます。




「犬」「異常に散歩に行きたがる」


というキーワードで検索したところ、

「痴呆症」の可能性がヒットしました


Yahoo!知恵袋 老犬の異常行動について


昼夜逆転、夜鳴き。
夜鳴きは静まり返った夜が恐怖で、人恋しくて鳴くらしいです。

呆けないように・・・休日のお出かけはいつも違うところに行き、刺激を与える、近所のお散歩もいつも同じコースで歩かない、と、気を使ってはいたのですが、そうなのでしょうか・・・

もう一つ気になる点は「おねえたんママの在宅時間」に起こるということです。
先週末、帰りが遅くなりましたがその時にはお散歩催促していないと思われるんです。
それから、夜でなくても、朝でもおねえたんママが休日の朝、洗濯などをしているとワンワン!と吠えるようになりました。

ただかまって欲しいだけ
それとも痴呆症


耳が遠い、という症状はありますが、目は見えており、徘徊などの症状はありません。

約1ヶ月前、異常なお散歩催促が始まってから、ご飯もなかなか食べなくなりました。
(食べ始めるとガツガツと完食する時もあれば、渋々食べて残すこともあります。)
病院で相談すれば、睡眠薬など頂けそうですが、まずそれを飲ませるのも食事を積極的にしてくれないと難しいですし、そこまでやる必要があるか・・・
今のところ、おねえたんママが睡眠不足を我慢すれば良い話でもあるし・・・
まぁ仕事に支障は出ますが・・・


とある老犬ホテルのブログでこんな記事がありました。

「何をしても吠える…」

吠えはじめて興奮すると何をしても大きな声で吠え続ける…おやつをあげたりお水をあげたりお散歩に連れ出したりその時は収まるがまた吠えだす…の繰り返し。

こうなると本当に飼い主様のほうも精神的、肉体的に疲労が重なってしまうと思います。

なかなかすぐにどうにかならない問題かもしれませんが、飼い主さまが体を壊してまう可能性があります。


まさに今のタロちゃんの状況です。
痴呆症=夜鳴きであっても、夜鳴き=痴呆症ではない、と、老犬介護をされている方のお言葉もありました・・・が、やはり老化現象の一つであるのは否めないようです。

老犬の夜鳴きについてお詳しい方がいましたら、何かアドバイス頂けると助かります。


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

れいこ

Author:れいこ
”タロー”
白ペキニーズ
1997年9月2日生まれ(16歳)
9歳まで横浜(祖母宅)で育つ。
以降、千葉県の我が家へ。
おねえたんとお出かけするのが
大好き♪なじじペキです。
2014年5月28日、16歳8ヶ月で旅立ちました。

”トコ”
ペキニーズ レッド×ブラックマスク(現在白髪と化)
2006年10月14日生まれ(9歳)
2014年10月11日より、ブリーダー廃業よりレスキューされたペキニーズの女の子”トコ”ちゃんを迎えました。
お利口さんで食いしん坊さんです!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

愛犬のための犬服型紙 手作り犬服の作り方・販売・ダウンロードのmilla milla

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ